思春期ニキビ倶楽部TOP > 毎日のスキンケア > 評判のニキビケア化粧水・美容液

正しい洗顔で思春期ニキビを撃退しよう!

思春期ニキビは洗顔だけでも十分だと思いますが、それだけでは心配だというあなたにとっておきのニキビケア化粧水・美容液を紹介します。選び方のポイントも紹介します。

ハトムギ化粧水ってニキビ肌にも有効ですか?

すでに使っている人もいるかもしれませんがハトムギ化粧水が今すごく人気があります。ナチュリエ、アルビオンのハトムギ化粧水が有名ですが、 中高生にはナチュリエのほうが安いし、量もたっぷりなのでおすすめでしょう。(※500mlで500円ぐらいです。)

ハトムギエキスには肌の新陳代謝を活性化する作用に加えて、炎症を抑えたり、膿を排出するといったニキビや肌荒れのある肌にはぴったり効果効能があります。 ちょっとニオイがあるのは気がかりなんですが、そうしたデメリットを補って余りあるメリットがあるんですね。

ハトムギはヨクイニンという呼び名で漢方として利用されているものでもあり、飲んでも効果があります。ハトムギ化粧水を買うなら一緒にハトムギ茶も買って 併用するとよりハトムギエキスの効果を実感できるのではないかと思います。

個人的にはニキビケアの化粧水を購入するなら、ハトムギ化粧水かあとで紹介するビタミンC誘導体入りの化粧水の2択だと思っています。 使ってよかったほうを続けるというのがいいのかな?と思います。

オードムーゲという化粧水がニキビ肌に人気なのはなぜですか?

オードムーゲはニキビ向けの化粧水としていろんなところで紹介されています。美容雑誌などをみると美容研究家の人やモデルさんなんかの ニキビ対策アイテムとして紹介されていることが多いです。宣伝かもしれませんけどね。

オードムーゲがなぜニキビ向けなのかというと配合されている有効成分をみればわかるんですが、 イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)とグリチルリチン酸ニカリウム(抗炎症成分)というニキビ治療薬にも配合されている成分を配合しているからです。

なので、化粧水というよりもどちらかといえば消毒液みたいなイメージのほうが正しいです。

ニキビ治療薬と同じ成分が配合されている以上はそれ相応の効果を実感できると思いますが、やはりその反動として刺激が強いとか乾燥するといったことがあります。 殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールがかなり強い成分なので、肌が弱い人はヒリヒリするかもしれません。

大容量ボトル(160ml)でも1,000円ちょっとという価格ですから、中高生のお小遣いでも足りると思います。 顔だけでなく胸元や背中にもニキビがある人にもお勧めできる化粧水になります。

どんな有効成分が配合されている化粧水や美容液を選ぶべき?

ニキビケア用の化粧水や美容液を選ぶときは、主に3つの点に注目します。

・抗菌作用
・抗炎症作用
・角質軟化作用

ニキビ菌の繁殖を防ぎ、炎症を抑えて、角質を柔らかくすることで毛穴詰まりを防ぐという効果があるかどうかという点が ニキビケア化粧水や美容液を選ぶときの目安になります。

ただ、この3つの作用は医薬品の範疇でもあります。当然効果が高いのは化粧品よりも医薬品ですから 「ニキビケア化粧品なんて使っていないで皮膚科にいってさっさと薬をもらえ」という意見は至極真っ当なんですね。

ただ、スキンケアにはニキビを予防したり、作らせないための肌環境作りという大切な役割もあるので、そうした意味では ニキビケア化粧品も存在価値があるのかなと思います。

ビタミンCを使ってスキンケアするのはニキビにいいの?

ニキビに効く有効成分としてよく紹介されるのがビタミンCです。

ビタミンCは食べても塗っても効果があるもので、皮脂の分泌を抑制したり、炎症を悪化させる活性酸素を除去してくれたり、 肌の免疫力を高めてくれたりとニキビケアにとっては大車輪の働きをしてくれます。

「巨人・大鵬・玉子焼き」ならぬ、「洗浄・保湿・ビタミンC」がニキビケアの3本柱ですから余裕があるならビタミンCをぜひ毎日のお手入れに取りいれてみてください。

ビタミンCを配合した化粧品にはビタミンCを浸透しやすい形にしたビタミンC誘導体入りの化粧水とビタミンCをそのままの形で配合した高濃度美容液があります。 どちらを使ってもいいんですが、よりビタミンCの効果を実感したいのならビタミンCが高濃度配合してある美容液を選んだほうがいいです。

ビタミンC美容液はメラニンを還元する美白作用もあってニキビ跡のケアにも使えるので、1つ持っておくといろいろ役立つと思いますよ。

「毎日のスキンケア」についてのカテゴリ

思春期ニキビのお手入れ

間違いだらけの洗顔法

評判の化粧水・美容液 ←今ここ

ニキビケアのよくあるQ&A