思春期ニキビ倶楽部TOP > 皮膚科&市販薬で治す > 皮膚科でもらえるニキビ薬

ニキビには化粧品ではなく医薬品を!

ニキビが肌の病気だとすれば化粧品ではなく医薬品で対処するのは当然といえば当然です。 ニキビの症状によってどんな薬が処方されるのか簡単にまとめてみました。

ディフェリンゲルってどんなニキビ治療薬ですか?

ディフェリンゲルは塗るタイプのニキビ治療薬です。

2008年に厚生労働省から認可が出て、皮膚科での保険診療が可能になりました。世界中でニキビ治療の標準薬として利用されているもので、 「ニキビは皮膚科へ」のムーブメントが起き始めたのはこの薬が承認されたことと無関係ではありません。

具体的にディフェリンゲルがどんな薬なのかというと有効成分であるアダパレンが角質を剥がし取って、毛穴の詰まりを取り除いてくれます。 アダパレンには角質が厚くなるのを防ぐ特徴もあって、角質が毛穴の出口を塞いでしまうことを防いでくれます。

ようするに炎症を起こす前の毛穴詰まりの段階でニキビの発生や進行を予防してくれるという薬です。 副作用としては肌が乾燥したり、赤みや痒みが出たりすることがありますが、保湿剤でカバーすることで徐々におさまっていきます。

ダラシンTゲルってどんなニキビ治療薬ですか?

ニキビ治療薬としてディフェリンゲルに次いで処方されることが多いのが「ダラシンTゲル」と呼ばれる外用薬です。

ダラシンTゲルの有効成分はクリンダマイシンです。これは毛穴に潜む細菌のタンパク質合成を阻害する働きをします。 洗顔後の肌に薬を塗布することで、ニキビを悪化させる原因となっているブドウ球菌やアクネ菌を殺菌します。

ディフェリンゲルが炎症前の毛穴詰まりの段階のニキビに作用するのに対して、ダラシンTゲルは炎症を伴ったり、化膿をしているニキビに対して使う薬です。 ダラシンTゲルも使い始めは肌に赤みや痒みが出ることがあります。しかし、菌の減少とともにおさまっていくので、我慢して使い続けることが大事です。

思春期ニキビの場合は炎症しているニキビと毛穴詰まりが混在していることもあってディフェリンゲルとダラシンTゲルがセットになって処方されることが多いです。

内服薬にはどんな種類があってどんな理由で飲むんですか?

内服薬として処方されるものはおもに抗生物質です。ニキビの炎症がかなりひどいと判断されたときは経口摂取で抗生物質を投与します。 ニキビ治療によく使われるのはルリッド、クラリス、ミノマイシンといった抗生物質です。

さすがに抗生物質は飲んだ瞬間はかなり効いてくれるんですが、ニキビのほうもしつこかったりすると、使っているうちに耐性がついてしまうという弱点もあります。

他に内服薬として処方されるのが思春期ニキビの場合は滅多に処方されないと思いますがビタミン剤や漢方があります。 体質的に問題があると判断されるとこういったものの出番があるかもしれません。

大人ニキビに悩まされる女性のなかには生理前のホルモンバランスの変動の影響を非常に強く受けてしまう人もいて、 こういう人は低用量ピルであるとか抗男性ホルモン薬といったホルモン治療を行うケースがありますが、思春期ニキビの場合はまずこうしたホルモン治療は行われないと思います。

関係ないですが、一応紹介しておきました。

ニキビを潰す「面皰圧出」ってどんな治療法ですか?

面皰とは白ニキビとも呼ばれる小さくて固い閉じた状態の毛穴詰まりのことです。 この毛穴に詰まった膿や皮脂、古い角質、産毛などを押し出す治療が面皰圧出といいます。

面皰圧出器などの専用の器具を使って面皰から内容物を押し出すということで結構痛いというのが難点ですが、 膿を取り除くことで炎症が早く収まったり、圧出前にレーザーを使ってニキビに穴を開ける際にニキビ菌の殺菌と皮脂腺へ熱ダメージを与えられるので ニキビの再発を防ぐ効果もあるといわれています。

一般的にニキビは潰してはダメといわれるんですが、面皰圧出の場合はしっかり消毒してから殺菌し、きれいに毛穴詰まりの内容物を取り除くので 早くきれいに治すことができるというまるで逆のことが可能なんですね。

保険も適応されるということで、とにかく早くできてしまったニキビを治したい!目立たなくしてほしい!という場合は皮膚科で面皰圧出の治療を受けるといいと思います。

「皮膚科&市販薬で治す」についてのカテゴリ

皮膚科でのニキビ治療

皮膚科でもらえるニキビ薬 ←今ココ

市販のニキビ薬の実力は?

ニキビ治療のよくあるQ&A